Home » Articles » バンクシー作品「本物と偽物の見分け方」

バンクシー作品「本物と偽物の見分け方」

投稿日: 2019-04-17 / 最終更新日: 2021-06-27

2019年1月、小池都知事が都内のバンクシー作品についてツイートしてから日本中の空気がガラリと変わった。それまでの日本におけるバンクシーの扱いといえばどこかサブカル的な印象であったが、ともかくツイートがあったことで一気にバンクシーに注目が集まるようになった。

千葉でバンクシーらしき作品が見つかったとか、全国津々浦々、バンクシーらしき落書きが発見されたというニュースが拡がり、訳のわからない感じになった。

そして、2020年3月から日本初の大規模なバンクシー作品展「バンクシー展 天才か反逆者か」が横浜を皮切りに大阪、名古屋、福岡とバンクシーの作品が日本各地で展示されていく。

同時に国内で「怪しいバンクシー作品を見かけた」という情報を頂くことも多くなった。

ペストコントロールじゃないところから発行されたCOAは本物ですか?

あるコレクターからこんな問い合わせがあった。

「某ネットオークションに出品されているサイン入りで、Pest Controlじゃないところから発行されたCOAが付属したバンクシーの作品は本物ですか?」

あるコレクターからの質問

というものだ。

答えは簡単。「本物ではない」と、即回答した。

なぜなら、バンクシー本人が否定している。

これまでにも何度もこのブログで書いてきたことだが、Pest Control(ペストコントロール)は元々「偽物を高額で摑まされて涙を流す被害者をこれ以上増やさないように」と、バンクシー本人が2008年に設立したバンクシー作品、唯一の認証機関だ。

バンクシー作品唯一の認証機関は「ペストコントロール」だけ

バンクシー自身が設立した、バンクシー作品唯一の認証機関がペストコントロール(Pest Control)。なので、それ以外の何らかの機関で発行されたCOAはすべて「本物ではない」 という極めて単純明解なシステムを既に、2008年にバンクシーは作っている。

ペストコントロールが(Pest Cotrol)過去に発行したCOA

転載禁止

2020年から新しくなったCOA

「Pest Controlが発行したこの形式以外のCOAはすべて信じてはならない」と、バンクシー本人もPest Controlもこれまで何度も警告している。

しかし、それでもまだ、信じられないという人のために念の為、ペストコントロールへ問い合わせて確認してみた。

ペストコントロール(Pest Control)に直接問い合わせて再確認

一部、具体的な内容は黒字で塗りつぶしているが、実際にコレクター達から問い合わせのあった作品が本物か偽物どうかペストコントロールに問い合わせてみた。

すぐに返信があった。
COAを申請する時に比べ、レスポンスが早いことにまず、驚いた。

ペストコントロールからの返信

返信の重要な部分を抜粋してみた。

We strongly urge people not to purchase works unless they are accompanies by a PEST CONTROL certificate of authenticity.

ペストコントロール発行のCOAが付属していないバンクシー作品は絶対に購入しないでください。

ペストコントロールからの返信から抜粋

市場価格に注意してみて!

そして、Pest Controlからの返信の最後に、こんなアドバイスがあった。

Be aware of market prices, if it seems too good to be true, then it certainly is.

市場価格に注意してみて下さい。もし、この価格はおいしすぎる(安すぎる)と思ったら、その作品は間違いなく偽物です。

ペストコントロールからの返信より抜粋

では、サイン入り、オリジナル作品の価格目安とはいくらぐらいなのか?

ペストコントロールによると、バンクシー作品の価格の目安を知ることで騙される可能性も圧倒的に下がるということだ。

そこで、2021年現在の「オリジナルでサイン入りのバンクシー作品の市場価格の目安」をまとめてみよう。

シルクスクリーンでサイン入りの作品価格目安

2021年6月現在、状態が良いもので1000万円以下で購入できるサイン入り作品はほぼないと言ってよい。

状態があまり良くない場合か、所有者が作品を早く売ってお金に換えたい場合でない限り、600〜700万円以下で売られることはない。

もし、これ以下の安い価格で購入できるバンクシーのサイン入り作品に出会った場合は販売者にしっかり質問し、説明を聞こう。

ペストコントロールのCOAが付属していない場合は本物でない、と言い切らないまでも、リスクが高いから自分ならわざわざ購入しない。

Banksyが自ら描いたオリジナル作品の価格目安

バンクシー自らが描いた作品、スプレーペイントしたキャンバス作品、段ボール、ウッドボードに描いたオリジナル作品を海外オークションに出せば、5000〜6000万円をかるく超える値が付くだろう。

まとめ

  • バンクシーのサイン入り作品で、ペストコントロールのCOAが発行されていない作品。
  • バンクシー自らが描いたオリジナル作品で、ペストコントロール発行のCOAが発行されない作品

これらの作品には手を出さない方が賢明だ。

昨今、日本でもバンクシー関連のニュースが流れたり、国内で開催されるバンクシー展のおかげで、バンクシーのアーティストとしての価値、作品価格など以前に比べて肌感覚で感じられるようになってきた。ペストコントロール(Pest Control)からのアドバイスのように、バンクシー作品の相場が分かっていれば、仮にサインが入っていてCOAが付属されているとしても数万、数十万円という破格値で買える作品であれば何か裏があると思わないとダメだし、そんな都合のよい話はない。

バンクシーのシルクスクリーン作品購入の絶対条件はペストコントロール(Pest Control)が発行したCOAが作品に付いてくること!!

このブログを何度も見ていただいた方なら既に当然のことと思うが、新しくこのブログを知った人も多いと思うのでもう一度、本物のバンクシー作品についておさらいしたい。

本物のバンクシー作品購入の際の絶対条件は、

・Pest Control発行による2種類のCOAのどちらかが付属している。

・価格が市場価格と著しく乖離していない。

上の2つの条件でも判断できない場合は、Pest Controlに直接確認する。

バンクシー作品には、ペストコントロール発行のCOA以外は存在しないし、もし、他のどこかの機関が発行するというのならば、それはバンクシーが認めた作品ではないということになる。

これが、バンクシー自身が設立した認証機関「Pest Control」の見解だ。シンプルで、わかりやすく、愛に満ち溢れている。

追記:
「オフィシャルポスターはどうなるの?」という疑問を持ったかも知れない。だが、混乱しかねないのでこの記事内ではオフィシャルポスターについては触れないでおきたいが、それでは不親切なの極簡単に説明すると、オフィシャルポスターとは、バンクシーのオフィシャルサイトで公開されたり、もしくはバンクシーが直接関わるオフィシャル媒体(ホテルやPest Controlなど)から販売されたという事実が確認できるのがオフィシャルポスターという見解だが、これも線引きが難しい。

追記2:
あなたの周辺でバンクシーの作品をこれから購入しようと検討中の人がいたなら、この記事をぜひシェアしてほしい。

上の条件に照らし合わせても判断できないバンクシー作品(シルクスクリーン or サイン入り作品のみ)があったり、本物かな?偽物かな?と迷った時はこのページのコメント欄に書き込んで欲しい。




「バンクシー作品「本物と偽物の見分け方」」への54件のフィードバック

  1. Di Faced Tenner をヤフオクで購入しました。
    これはそもそもpest controlのCOAが存在しない物かと思いますが、偽物も多く出回っているとのことです。本物か偽物かを判断するにはどうしたら良いでしょうか?

    1. The Art of Banksy

      コメントありがとうございます。

      Di Faced Tennerはご存知の通り、Pest ControlでもCOAを発行していないものです。
      したがって、認証機関でもない僕がここで何かをコメントするのは差し控えたいと思います。

      本物か偽物かということをあまりお気になさらず、Di Faced Tennerをお楽しみください。

  2. こんにちは!
    初めまして!
    バンクシーの記事読ませていただき
    とても参考になりました。

    私もバンクシーの作品を購入したいと考えておりまして
    たまたまノイズキングという会社で
    バンクシーの作品が販売されているのを
    みつけました。
    その中で松本さんの注意点としている
    Banksy(バンクシー)作品のCOA(証明書)にはPest Control発行によるCOA以外は存在しない。もし、他のどこかの機関が発行したCOAが存在したら、それはバンクシーの作品ではない。
    ことを踏まえて、現在
    そのノイズキングでの
    バンクシー作品にもPest Control発行によるCOA付きとされてはいるものの
    高額なものだけな未だ不安もあり
    迷っております。

    このノイズキングさんでの作品は
    本物?購入しても大丈夫でしょうか?

    1. The Art of Banksy

      大丈夫ですよ。
      ノイズキングで販売しているCOA付きのバンクシー作品は、すべて僕が関わっている作品です。

      なので、サイドバーにもバナーを掲載しています。

  3. 初めまして。
    某オークションサイトにて本物のBanksyとして出品されているものがいくつかありました。

    ・『THE WALLED OFF HOTEL』にて販売されていたとされる作品
    *COA無し
    *購入時のレシート有り
    *作品の裏側及びレシートにシリアルナンバー有り

    ・『Dismaland』にてゲリラ的に販売されていたとされるキャンバスアート作品
    *販売時の封筒(『Flower Bomberの絵入り)、COA有り(Pest Control発行のものではなくDismalandのマーク及び『Laugh Now』を模したDismalandの文字のあるマークが入ったもの)
    *作品の裏側にDismalandのマークと『A Banksy EVENT』の文字有り

    ・『Dismaland』にて販売されていたシルクスクリーンの1ドル札
    *裏側にDismalandのマークと作品証明の印字あり

    これらの作品は本物なのでしょうか?

    1. The Art of Banksy

      AI様、

      コメントありがとうございます。

      個別にメールに回答させて頂きますので、そちらの内容をご確認下さい。

      よろしくお願いします。

  4. 初めまして!

    メルカリやヤフオクで出品されている
    dismalandなどで撒かれた、ステンシルやダンボールなどにスプレーペイントされたフリーアートは本物ですか?

    裏にA BANKSY EVEMTと書かれてます!

    ご回答お願いねします!

    1. The Art of Banksy

      サボテン様、

      コメントありがとうございます。

      具体的な作品を特定して教えていただけない限り、個別の作品に対する回答は差し控えさせて頂きますが。
      こちらの記事でも書きましたように、「PEST CONTROL発行のCOAが付属してないバンクシー作品は絶対に購入しないで下さい。」と
      Pest Control(バンクシー本人が設立した認証機関)が回答しています。

      なので、本物のバンクシー作品を購入したい場合は「PEST CONTROL発行のCOAが付属しているものだけを購入して下さい。」という事です。

      よろしくお願いします。

  5. GROSS DOMESTIC PRODUCT.にて開店と閉店の日に、店頭で絵が販売されたと聞きました。
    本当でしょうか。
    是非お聞かせ下さい。

  6. GROSS DOMESTIC PRODUCT.にて開店と閉店の日に店頭で、絵を販売したと聞きました。
    本当ですか。
    ご回答お願い致します。

    1. The Art of Banksy

      Ken1様

      コメントありがとうございます。
      メールの方に直接回答させて頂くますので、そちらをご覧下さい。

      よろしくお願いします。

  7. 2003か2004年頃にノイズキングの前身のセブンポスター時代に購入したバンクシーのシルクスクリーンポスターが4枚あるのですが、COAを取得する事は可能なのでしょうか?
    アドバイス頂けますと助かります。

    1. The Art of Banksy

      appy様、コメントありがとうございます。

      購入時の情報と申請時に申請内容をしっかりとまとめることができれば、COA取得は可能ですよ。
      ただ、現在、Pest Controlのレスポンスが遅く、COA取得に一年以上、長いともっと掛かっている人がたくさんいるようです。

      オンラインショップをオープンしたりで、バンクシーのチームも忙しかったんですかね…?

      詳細な情報はこちらでは、調べられないので
      ノイズキングさんに直接問い合わせてみて下さい。

      よろしくお願いします。

  8. はじめまして。

    いつもBanksy関連の詳細な情報を書いていただいてありがとうございます。
    Banksyの作品を購入を検討しておりまして、教えていただきたいことがあります。

    エンボススタンプの入った作品がありますが、同じタイトルでも、スタンプの周りの文字が『PICTURES OF WALLS DOT COM』や『POW PRINTMAKING』と2種類見かけます。
    両方とも本物なのか、片方だけが本物なのかと迷っております。

    ご回答いただけたら幸いです。
    よろしくお願いいたします。

    1. The Art of Banksy

      ハルナ様、はじめまして。

      コメントありがとうございます。

      Banksy作品については、バンクシーの人気上昇に比例して、あらゆる偽物が出て来ており、
      実際に画像を送って頂けないと、判断できません。
      (画像だけでは、判断できないものもあり、Pest Controlに直接聞いたことも何回もあります。)

      もし、よろしければ、ですが、info☆theartofbanksy.jp(☆の部分にアットマークを入れて下さい)
      こちらに実際の画像をお送り頂ければ、アドバイスはできるかも知れません。

      最近、あまりにも偽物が増えて来て、その中には精巧なものもあり、判断も難しくなっております。
      よろしくお願いします。

  9. とても参考になります!
    他の方もコメントしていますが、dismalamdでのゲリライベント作品が最近かなり多く出回っています。個別にとのことですが、教えていただけるとありがたいです。
    もうひとつ。2000年頃バンクシーが来日しており渋谷のクラブに出入りしていた関係で、無料配布のフライヤーに作品が使用されていました。©︎banksyとなっています。わら半紙の印刷なので大した価値はないかもしれませんが、こういうのはどうなんでしょう?

    1. The Art of Banksy

      Tanaka様、コメントありがとうございます。

      バンクシーの非公式の作品・アイテムの場合、いくつか、その作品・アイテムの重要度を測る方法があります。

      この無料配布のフライヤーの場合ですと、何かバンクシーのインスタやバンクシーが出版した本、バンクシーの取材が載った大手メディアの媒体などで、そのフライヤーの存在が確認できたら、価値が高く上がる可能性はありますが、それ以外の場合は、価値があるかないか見極めるのは難しいと思います。

      よろしくお願いします。

  10. 皆気を付けてください!

    バンクシーさんの作品はpest controlに連絡、鑑定することができます!

    偽物販売するのは犯罪です!

    警察とヤフオク事務所を通報します!

    私はヤフオクID:rprcuj4123で2点バンクシー作品を落札しました、バンクシー公の鑑定機関pest controlに鑑定しました、全ては偽物ものです!

    この出品者は「NCNR、フリーアートなので、pest control鑑定はできません、受取してください」を言っていました、そして私をブロック!

    yahoo ID:rprcuj4123 sell the fake Banksy cardboard !

    pay attention !don’t trade with he !

    if you buy from this man,please contact police 、yahoo customer service and pest control !

  11. こちらの商品を購入しましたが到着後不安になりました。
    ・インボイスが信用できそうな商品と少し違う(invoiceの表記が無いのと日付がないこと)
    ・色合いが違う
    です。こちらはペストコントロールに問い合わせしたら確認できますか?

    1. The Art of Banksy

      Joryさん、コメントありがとうございます。

      既にご存知だと思いますが、この作品・商品はバンクシーが2017年に、パレスチナ・ベツレヘムにオープンしたホテル「The Walled Off Hotel」のみやげ物屋で購入できるみやげ物(オフィシャル・グッズ)であり、バンクシーの直筆サインやエディションナンバー(限定作品に当てられる番号)が入った限定作品ではないので、ペストコントロールに問い合わせしても本物かどうかの回答はもらえないと思います。

      COAと違い証明書ではないですが、このBox Setにはショップが発行するレシートが付いてい来ます。おそらく、これまで、何千、何万セットと販売されている商品なので、レシートのタイプもいくつかあるようです。

      リンク先の写真を見ましたが、どこが疑わしい部分なんでしょうか?もう少し具体的にお教え頂けると、もう少し詳しい回答ができるかと思います。よろしくお願いします。

  12. ヤフオクにある
    ディズマランドの1ドル紙幣は本物でしょうか。
    10枚組のものなど本物でしょうか。
    よろしくお願い致します。

    1. The Art of Banksy

      BKさんコメントありがとうございます。

      以前、バンクシーが運営するバンクシー作品の認証機関「ペストコントロール」に、似たような作品について問い合わせた所、
      「全てフェイクだ」という回答が返ってきました。バンクシー本人によると、ディズマランドでバンクシーが作品を発売した事実はないとのことです。
      (ディズマランドに参加した他のアーティストは作品をディズマランド内で発売しています。僕が実際に、2015年ディズマランドに行った時に何枚か購入しています。)
      ヤフオクのバンクシーは、ここ2−3年偽物がどっと増えて、偽物で溢れているので今後もお気を付けください。

      よろしくお願いします。

      1. ご返信頂きありがとうございます。
        出品されている紙幣は販売されていたものでは無いくディズマランドで配られた紙幣型のフライヤー(チラシ)との事です。
        2015年にディズマランドに行かれた際に
        このようなフライヤーは本当に配られていたのでしょうか。
        ご返信お待ちしております。

        1. The Art of Banksy

          BK様、
          ご返信ありがとうございます。

          2015年はディズマランドの真前のホテルに1週間くらい泊まり、ディズマランドに4−5回通いました。

          実際のフライヤーの画像を見てみないとはっきりとしたことは言えないです。

          info☆theartofbanksy.jp(☆の部分にアットマークを入れて下さい)

          ↑上のメールアドレスに画像を添付してお送り頂けるとありがたいです。

          よろしくお願いします。

          1. ご返信ありがとうございます。
            画像お送り致しますのでご確認お願い致します。

  13. 初めまして。バンクシーのパレスチナのポスターでエンボスはあるのですが裏にスタンプが無いのは贋作でしょうか?

    1. The Art of Banksy

      初めまして。The Walled Off Hotelのポスターのことでしょうか?The Walled Off Hotelが発行したレシートは付属していますか?

      オフィシャルのポスターとPest ControlのCOAが付属する本物のバンクシー作品はまったくの別物なので、
      一概に本物か偽物か判断するのは難しいです。

      パレスチナのポスターが実際にThe Walled Off Hotelのスーベニアショップで販売されたオフィシャルのものかどうか
      見分けるポイントはいくつかあると思います。

      1:ホテル発行によりレシートとスタンプが押されているか。
      2:エンボススタンプが押されているか
      3:ピンクっぽい色のスタンプが押されているか

      などがオフィシャル(The Walled Off Hotelで販売された)かどうか見分ける大きなポイントだと思います。

      実際にポスターの画像を見ていないので、はっきりとか答えかねます。

      参考になれば幸いです。

      よろしくお願いします。

  14. LAUGH NOW をアールビバン主催の画展で購入したのですが本物でしょうか?
    裏にエディションナンバーとスタンプがありましたが、表面右下には手書きエディションナンバーは有りませんでした。

    1. The Art of Banksy

      コメントありがとうございます。価格はいくらでしたか?数万円程度なら、おそらくWCPのプリントだと思うのですが、どうでしょうか?

  15. はじめまして、質問させて下さい。
    先日「GANGSTA RAT」のthe west country princeのスタンプがあるのものを某ギャラリーで購入しました。
    シリアルナンバー入りのモノなんですが、これはリプロデュース作品がその枚数しかなく、
    今後同じ作品で増版することはないという認識であっていますでしょうか?
    またWCPの偽物も存在するの場合の偽物との見分け方や、
    WCPの売買は国内オークションなどに出回っているモノなのかを知りたく質問しました。
    宜しくお願い致します。

    1. The Art of Banksy

      エスさん。ご質問ありがとうございます。

      WCP(West Country Prince)は、既にご存知だと思いますが、本物のバンクシー作品の高品質のリプロダクション(複製品)です。
      印刷技法もわざわざ時間の掛かる、シルクスクリーンで印刷しています。

      僕の知る限りですが、リプロダクションなので、頻繁にではないですが、増版されたことはあります。

      もちろん、安価のリプロダクションとは違い、「売れるたびに好きなだけ印刷する」みたいな形ではないです。

      【WCPの偽物も存在するの場合の偽物との見分け方】← これについてですが、複製品は複製品なので、
      複製品に本物も偽物もないとは思います…

      ですが、WCPが印刷したものかどうか調べるなら、印刷された紙の質、印刷技法、スタンプやシリアルナンバーの有無などで、判断できるとは思いますが、
      実際に見てみないとわからないので、ネットだけでの判断は難しいと思います。
      (タイトルによって、シリアルナンバーが入ってなかったり、ばらつきは少しあるようです。)

      本物のバンクシーなら、ペストコントロール発行によるCOAがあれば、本物だと判断できるのですが、
      WCPに関しては、申し訳ないですが、上の回答のようなお答えしかできません。

      よろしくお願いします。

    1. The Art of Banksy

      コメントありがとうございます。

      こちらの記事でも書いていますが、本物にしては価格が安すぎますし、ペストコントロールのCOAも付属しないのなら
      偽物です。バンクシー作品を管理するペストコントロールもディズマランドの段ボールの作品を残したことはないと書いていたこともあります。

      よろしくお願いします・

  16. バンクシー Banksy x Post Modern Vandal Girl With Heart Shaped Float
    post modern vandalで販売している証明書の
    上記の作品は偽物でしょうか?

    1. The Art of Banksy

      コメントありがとうございます。

      こちらはバンクシーの作品のデザインをベースにPost Modern vandalという団体と言いますか、別のアーティストと言いますか
      プロジェクトのようなものが、作品を作っただけで、Post Modern Vandalのものとしては本物ですが、バンクシーとは一切関係ありません。

      証明書についても、Post Modern Vandalのモノとしては本物ですが、ペストコントロールとは一切関係はありません。

      良く言えばオマージュ作品というところでしょうか。記事でも書いていますが、数万、数十万円台のもので、
      バンクシーのペストコントロールのCOAが付属する本物の作品は99.99999%ありません。

      よろしくお願いします。

    1. The Art of Banksy

      コメントありがとうございます。

      説明が少し複雑になりますが、バンクシーやペストコントロールとは一切関係のない作品です。

      こちらはPost Modern Vandalという企画・アーティストがバンクシーの作品のデザインを借りて
      作品を作ったモノです。

      価格についても、ペストコントロールのCOAが付属する本物のバンクシー作品なら数万円、数十万円台ということは
      ほぼ100%ありえません。

      「バンクシーの作品として、本物か偽物か」という質問への答えなら、本物ではないです。

      よろしくお願いします。

  17. 現在ヤフオクで販売されている
    Banksy バンクシー 風船の少女 x ルイーズ・ミッシェル号 ピンク版 Post Modern Vandal dismaland
    チャリティで販売されていたと記載ありpost modern vandalの証明書付きですが?
    こちらはバンクシーが関わり認めた物で宜しいのでしょうか?

    1. The Art of Banksy

      このチャリティーは多分、Love WelcomesというロンドンのNPOがやってるチャリティーのことだと思うんですが、
      バンクシーもこのNPOを通じて、ギリシャの難民を支援しています。

      ですが、バンクシーがこのチャリティーを直接運営しているわけではありません。

      このチャリティーを通じて支援に関わってるわけで、バンクシーが直接運営している
      オンラインショップのGDPやパレスチナのホテル「The Walled Off Hotel」とは全然違うモノです。

      バンクシーが関わったチャリティーに自分達も関わることで、
      バンクシーに関係のあるように見せる上手いマーケティングというのが本当の所です。

      海外のコレクターもバンクシーの作品と勘違いして、購入している方もたくさんおり
      それが理由で価格も上昇しています。

      前回と重複しますが、Post Modern Vandalの作品であり、
      バンクシー本人は一切関係ありません。

      繰り返しになりますが、COAが付いて
      数万円、数十万円というのは2021年現在あり得ません。

      よろしくお願いします。

  18. ペストコントロールのCOA の自体の偽物というか模造された物は無いのでしょうか?

    1. The Art of Banksy

      コメントありがとうございます。

      可能性としてはゼロではないと思いますが、ペストコントロールのCOAは基本的に模造できない仕組みになっているので、本物を知っている人ほど、
      模造してもすぐにバレるとわかるので、偽物を作る可能性が低いのと、COAが本物かどうかわからない場合は、ペストコントロールに問い合わせれば、
      そのCOA自体が本物かどうか教えてくれるので、バンクシー本人かバンクシーの側近でない限り、事実上、ほぼ不可能に近いと思います。

      よろしくお願いします。

  19. ご質問失礼いたします。

    以前、下記のご質問をされている方がおりましたが私も同様の品を購入検討しております。
    Dismalandにて、実際に販売はされたのでしょうか。記事等探したのですが見つからず。

    ・『Dismaland』にてゲリラ的に販売されていたとされるキャンバスアート作品
    *販売時の封筒(『Flower Bomberの絵入り)、COA有り(Pest Control発行のものではなくDismalandのマーク及び『Laugh Now』を模したDismalandの文字のあるマークが入ったもの)
    *作品の裏側にDismalandのマークと『A Banksy EVENT』の文字有り

    1. The Art of Banksy

      コメントありがとうございます。

      こちらのディズマランドフリーアートと称する作品ですが、
      バンクシー作品のCOAを発行する唯一の認証期間「Pest Control=ペストコントロール」がこんなことを書いています。

      There were no Dismaland Certificates of Authentication or ‘free art’,
      端的に言いますと「ディズマランドのフリーアートなど存在しない」と書いていますし、実際にペストコントロールに問い合わせた時に
      ゲリラ的に販売された作品もないと回答を頂いていますので、バンクシーとは一切関係のない商品です。

      作品が気にいるなら購入されても良いと思いますが、バンクシーとは一切関係ないことを理解した上での決断をオススメします。
      バンクシーの本物の作品が数万、数十万円で買えることなんて2021年9月現在あり得ませんし、今後もほぼ100%ないと思います。

      よろしくお願いします。

      1. ご親切にご連絡くださりありがとうございます。
        本人作業のものでなくても公式に販売されたものでしたらと淡い期待を抱いてたのですが、、ご返信くださり十分理解できました。
        誠にありがとうございました。大変助かりました。

        1. The Art of Banksy

          ご返信ありがとうございます。

          購入前にコメント頂けて、結果的に真実を知って頂けてよかったです!

          よろしくお願いします。

  20. バンクシー マニア

    Undercover ism様専用 バンクシー×キースヘリング 絵画
    メルカリで専用にしていただいているこちらの作品は本物か判断いただきたいのですが、イギリスで慈善事業に400万円寄付した時にお返しとして、いただいた作品との事です。↓以下、出品者の回答メッセージです。

    いえいえ、大丈夫ですよ☺️

    はい。絵にももちろんOXOのサイン入りですしCOAとハンドサインとハンドナンバーもあります。
    もちろん全て含めさせてもらいます(*^^*)
    了解しました。
    既読代わりに消していただけなので大丈夫ですよ!!
    現在はイギリスのバンクシー展に貸し出している形なので今日連絡したら約1週間で私の元に返却されて2.3日でUndercover ism様の元へ届くかな?と言う感じですね!!

    1. The Art of Banksy

      コメントありがとうございます。

      実際の作品がどれかわかりませんので、本物かどうかは判断できませんが、
      https://theartofbanksy.jp/how-to-tell-authentic-banksy-works/
      こちらの記事にも書いてる内容を満たしているのかどうか再度ご確認下さい。

      購入されようとしている作品が数千円、数万円か数十万円ならほぼ100%偽物だと思って下さい。

      よろしくお願いします。

  21. バンクシーのロードサインに書かれた作品は、法律に抵触することから、ペストコントロールのCOAは一切されていないと、何かの記事で拝見しました。と言うことで真偽を見極めるのが難しく、手を出せずにいます。ロードサインが真作か見極める方法はご存じですか?

    1. The Art of Banksy

      コメントありがとうございます。

      バンクシー自身が設立したバンクシー作品の認証機関のペストコントロールは
      確かにストリート作品にはCOA(真贋証明書)は発行しないですね。

      そのロードサインが本物である可能性を高めるには、バンクシーの公式インスタか公式サイトに登場してるか
      どうかがまず一点。

      もう一点は、そのストリート作品が信用のある機関を通じて、市場に販売されているかですかね。

      ということは、もし、ヤフオク・メルカリなどのネットオークションで購入されようとしているなら
      99.99%偽物だと思いますので、その作品が好きで、バンクシー関係なしに欲しいという場合じゃない限り
      購入はオススメしないです。

      実際のロードサインを見ていないですし、こちらはペストコントロールでも無いので、真贋を見極めることはできないですが、
      バンクシーのストリート作品は通常、数千万円とかが相場ですので、何千円、何万円、何十万円なんて価格で本物が売買されることは
      まずあり得ません。

      なので、価格が1000万円以下でしたら、まずそのロードサインはおかしいです。
      バンクシー自身も「この価格はおいしい」と思う作品には気を付けてと言っているくらいなんで、気を付けて下さい。

      よろしくお願いします。

      1. ご丁寧なコメントありがとうございます。ロードサインの価格は300〜500万円程なので、おっしゃる通り偽物の可能性が高いかと思います。諦めて、違う作品に目を向けようかと思います。

        1. The Art of Banksy

          300万円〜500万円の価格だったんですね。もう数百万円足せば、ペストコントロール発行によるCOAが付属する本物のシルクスクリーン作品が買えますので、個人的にはそちらの方が断然オススメです。本当に満足する作品を見つけて、バンクシー作品を楽しんで下さいね。

          何かわからない点があれば、またご質問下さい。できる限り、お答えします。

          よろしくお願いします。

  22. ディズマンドのものでは、正規品がないとのことですが、

    キャンバスにディズマンドのロゴがステンシルされた作品が存在するかと思います。

    同作品は、
    側面に同じく、ディズマンドの小さなスタンプが押され、
    中側には、ホロシールが貼られており、
    ディズマンド発行のレシート(coa でなく)が付属します。
    (なお、ホロシールは2タイプあり、そのまま裏面にホロシールが貼られたものと、powのエンボス加工の上にホロシールが貼られたものが存在します)

    なお、同作品については、
    国内バンクシーの第一任者でもある保科好宏氏もコレクションし、以前、イベントで出品しておりました。

    この作品については、真贋について、どのような解釈でしょうか?
    教えていただけますでしょうか?

    1. The Art of Banksy

      こんばんは、

      バンクシー作品の真贋を判定できるのは、ペストコントロールだけです。
      (ペストコントロールはバンクシー本人が2008年に設立した唯一のバンクシー作品認証機関です)

      こちらのブログで書いている内容はペストコントロールが発表している内容、
      ペストコントロールから直接回答をもらったものだけです。

      こちらがペストコントロールのサイトからの抜粋で、ここに答えが書いてると思います。

      Always remain sceptical. There were no Dismaland Certificates of Authentication or ‘free art’, and Banksy has no license agreements – so things like the ‘wine collaboration’ are entirely deceitfu

      よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です