• Menu
  • Menu

Banksy(バンクシー)がヴェネチアに残した作品が水没?

バンクシーが今年の5月11日から水の都「ヴェネチア」で開催していた国際的な現代アートの祭典「ヴェネチア・ビエンナーレ」で行ったパフォーマンスを覚えているだろうか?

えっ何の事?という方はこちらをクリック→ バンクシーがヴェネチア・ビエンナーレでパフォーマンス! もちろん、無許可で!

2019年11月、ヴェネチアが過去50年で最悪の高潮で水没の危機にさらされていることが日本でも大きなニュースになっていた。

そんな中、2019年12月5日バンクシーは自身の公式インスタグラムでこんな投稿をアップ。


今回の投稿にはバンクシーが今年(2019年)5月に残した「煙がもくもく出ている炎を掲げるライフ・ジャケットを着た難民の子供」の作品が水没しかけているところが写っている。

いつもの投稿と違い、メッセージ欄には敢えて何の言葉も残されていない。

ちなみに、今年5月に撮られた作品の様子がこちら。

バンクシーはこの作品で何を伝えようとしていたのか?

バンクシーはこの作品を残す前から、ヴェネチアで毎年問題になる高潮のことは知っていただろう。

そして、この作品(子供)が高潮になった時に、海に沈んでいくように見えるのを計算してこの作品を作ったはず。

この作品が「環境破壊はもう後戻りのできないところまで来ている」と伝えているのか、「これ以上、被害に遭う難民を増やさないでほしい」と難民問題を訴えているかは、観る者の解釈次第だが、

高潮のような自然現象までも計算に入れて作品を作ったバンクシーは素晴らしいアーティストだ。

今回の公式インスタグラムの投稿については、あまり大手メディアには取り上げられなかったが、このブログではなるべく小さなことでも取り上げて行こうと思う。

P.S. 今週の初め、バンクシーは自身の公式インスタグラムに最新作を投稿。えっ、バンクシーの最新作って何という方はこちら→バンクシー クリスマスにちなんだ最新作でホームレスをサンタに変える?

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です