Home » Articles » バンクシー あのシュレッダー作品「Love is in the Bin」が約29億円で落札、史上最高額を更新!

バンクシー あのシュレッダー作品「Love is in the Bin」が約29億円で落札、史上最高額を更新!

投稿日: 2021-10-15 / 最終更新日: 2021-10-20

2021年10月14日、英国時間午後6時からサザビーズ・ロンドンのオークションが開催され、Banksy(バンクシー)史上最も衝撃的な作品「Love is in the Bin」が出品された。

サザビーズのYoutube公式チャンネルでオークションの様子が生放送されていたのでライブで観ていた所、予想落札額400万ポンド〜600万ポンド(日本円にすると約6億円〜9億円)だったが、

入札開始からたった1分程度で世界中からの入札が殺到し予想落札額を軽く越え、最終的には1858万2000ポンド、日本円にすると約29億円の史上最高額で落札された。

1ヶ月前にアップした今回のオークションを予想した記事で「史上最高額が更新されてもおかしくはない」と書いていたが、実際に史上最高額更新を目の当たりにして、興奮して一晩眠れなかった。

Banksy(バンクシー)史上最も衝撃的な作品の詳細

タイトル: Love is in the Bin(細断前はGirl with Balloon)

サイズ : 縦 142cm x 横 78cm x 奥行き18cm

制作年:2018年(オリジナルは2006年)

技法:アクリル絵具、スプレーペイント、シュレッダー

サイン : あり

エディション: 1/1 Original on Canvas

Pest Control COA:あり

Love is in the Bin(愛はゴミ箱の中に)はこう誕生した

今回、1858万2000ポンド、日本円にして約29億円の史上最高額で落札された「Love is in the Bin(愛はゴミ箱の中に)」に付いて知らない方のために、作品の誕生について短めに紹介したいと思う。

今回の史上最高額更新のちょうど3年前の2018年10月に開催されたサザビーズ・ロンドンのオークションでバンクシーの代表作「Girl with Balloon」こと「風船と少女 」が出品された。

「風船と少女 」が約1.5億円(104万200ポンド)で落札直後、額装に内蔵されたシュレッダーが作動し、作品の半分が細断されて誕生したのが、こちらの「Love is in the Bin」だ。

さらに詳しくはこちらの記事で読んで頂きたい→えっ!まじで? バンクシー「Girl with Balloon」1億5千万円で落札直後、シュレッダーに??

21世紀のアートの歴史に付いた価値はいくら?

以前も紹介したが、こちらのYoutube動画がバンクシーが自身の公式インスタグラムで公開した「Love is in the Bin」が誕生するまでの一部始終を収めた動画だ。

価格が高い=良い作品という考え方はあまり好きではないが、価格の高さによってある程度の社会的な価値基準を測ることはできると思うので、バンクシー史上最も衝撃的なパフォーマンスがバンクシーの作品価値をどれだけ高めたか、少し計算したいと思う。

バンクシー史上最も衝撃的なパフォーマンス+3年で約18倍も上昇

2018年に約1.5億円(104万200ポンド)で落札された「Girl with Balloon」は、上の動画のように額装に内蔵されたシュレッダーでビリビリに破られ、その動画がSNSやメディアを通じて全世界に拡散された。

2021年10月14日には約29億円(1858万2000ポンド)で落札され、たった3年という時間で作品価値が17.86倍も上昇した。

サザビーズの関係者によると、この作品を落札したのはアジア人のコレクターだそう。

今後のバンクシー作品はどうなるのか?

2018年に、シュレッダーでビリビリに細断されて「Love is in Bin」が誕生して以降、海外や日本でもアートに全く興味のない人までバンクシーについて知るようになった。

この頃から、高額作品を収集する現代アートコレクター達が本格的にバンクシー作品の市場に参入してきたので、バンクシーのオリジナル作品だけでなく、シルクスクリーン作品の価格も急激に上昇した。

2021年後半になって、バンクシー作品の価格上昇の勢いは少し落ち着いてきているが、今回の「Love is in the Bin」の史上最高額の約29億円での落札をきっかけにまた、作品価格の上昇に勢いが付くかもしれない。

これからも引き続きバンクシー作品の動向に注目していきたい。

バンクシー VS レオナルド・ダ・ヴィンチ

10年、20年、100年、これから何年後になるかはわからないが、バンクシーの作品が約510億円の歴史上最高額で落札されたレオナルド・ダ・ビンチの作品「サルバトール・ムンディ」なんかの名作とオークションで競う時が来ると思っている。

なので、今回約29億円で落札された「Love is in the Bin」の記録もバンクシーの歴史からすれば、序章にしか過ぎないのだろう。

これからも新しいアートの歴史が誕生していく瞬間をこのブログでお伝えしていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です