• Menu
  • Menu

バンクシーの公式オンラインショップが遂に期間限定でオープン。通常、数百万円するサイン入り作品がたった7万円から購入可能に!

2019年10月1日、ロンドン郊外の街クロイドンにオープンしたBanksy(バンクシー)の公式ショップ「Gross Domestic Product」は、先週末(10月13日)に1度もオープンすることなく閉店した。

えっバンクシーの公式ショップって何っ?という方はこちらの記事でご確認を。バンクシーがロンドンに公式ショップをオープン。その名もGROSS DOMESTIC PRODUCT.

それから、4日後の10月17日。

兼ねてからこのブログでも伝えていた公式オンラインショップ「Gross Domestic Product」の開設をバンクシーが公式インスグラムで発表。

実際のインスタでの投稿がこちら。

今回の投稿のコメント蘭には、こう書いている。

I’m opening a shop. It’s called Gross Domestic Product™. It sells art, homewares and disappointment.

Banksyの公式インスタグラムより

日本語に訳すと、こんな感じだろうか.

オンラインショップをオープンする。ショップの名前は「Gross Domestic Product™」。このショップではアートや家庭用品、そして失望を販売している。

オンラインショップで販売される商品

バンクシーの期間限定公式オンラインショップ「Gross Domestic Product™」では、10月13日に閉店したクロイドンのポップアップショップで展示されていた商品を中心に色んな作品やホームグッズが販売されている。

例えば、

Banksy™ Thrower

現在の市場価格にして1000万円近くで販売されていてもおかしくない作品「Banksy™ Thrower」は11万円程度(750ポンド)。


Banksy™ Mug

子供が絵付けをした手作りのマグカップ約1400円=10ポンド。(サイトにはサイン入りと書いてあるので、おそらくバンクシーの直筆サイン入り)。


Banksy™ Vest

今年(2019年)のグラストンベリーのヘッドライナーを務めた英ラッパーのストームジーがグラストンベリーのステージで着用したことでも話題になった防刀ベスト約12万円(850ポンド)。

Banksy™ Shredded Tee

2018年10月、サザビーズのオークション落札直後に、内蔵されたシュレッダーが作動し、ビリビリに破れた作品「Girl with Balloon」を、そのままTシャツで再現したTシャツ「Banksy™ Shredded Tee」は約4200円(30ポンド)。

バスキアの作品をオマージュしたこちらの直筆サイン入りエディション作品「Banksquiat」は、現在の市場価格を考えると、軽く数百万円の値が付くが、今ならたったの約7万円(500ポンド)で購入できる。

などなど、バンクシーの作品が、普通ならありえないバーゲン価格で販売されている。

Banksy(バンクシー)からのメッセージ

上の画像と同じオンラインショップに入る前のページでは、今回の販売に関する説明や意図が詳しく書かれている。

その中の一部には、

「ショップに並ぶグッズや作品はすべて、工場で大量に生産されたものではなく、バンクシーのアートスタジオで手作業で作られたものである。材料には出来る限りリサイクル品を使用し、限られた人数で、日中からお酒を飲む職場環境で制作しているので、制作できる数には限りがあり、発送にも時間が掛かる」ことや。

「今回、販売する作品・グッズは低所得者の顧客のために付けた価格で、市場価格と比較すると、はるかに低くなっている。なので、富裕層のコレクターの方は今回の抽選販売への参加はお控え頂きたい」と詳しく書いている。

Banksy作品 – 抽選販売への応募方法

今回オンラインショップでの販売は10月28日までの期間限定。上の説明でもあるように、所得が高くないコレクターにも公平にチャンスが回ってくるよう、抽選による販売になっている。

・購入できるのは18歳以上の男女で、1人に付き1作品までが応募条件。

1.まず、購入したい商品を1つ選び、ADD TO CART → PROCEED TO CHECKOUTをクリック。

バンクシーのオンラインショップのページはこちらをクリック。

2. 次に、上のページにとぶと、Why Does Art Matter?(なぜアートは重要なのか?)という質問がある。その質問に50文字以内で答えて、NEXTをクリック。イギリス人のスタンドアップ・コメディアン「Adam Bloom」が審査するので英語で書く必要がある。

3. 最後のページで住所など必要事項を記入して終わり。当選者には、応募から2週間以内に当選メールが届く。

応募期限は10月28日(英国時間の23時59分)まで。応募自体は極めて単純だ。

しかし、世界中のバンクシーファンが参加するのと、質問の答えに最もふさわしく、最もオリジナリティーに富んだ解答が選ばれるそうなので、欲しいグッズや作品を買える確率はかなり低そうだ。

ちなみに、このショップから生まれる収益の大部分は、難民支援団体に寄付される予定だ。

法的訴訟=逆境を一大イベントに変えるバンクシーの発想力

バンクシーが公式ショップ「Gross Domestic Product (GDP)」をオープンしたのは元々、あるグリーティングカード会社が「BANKSY」の商標権を争う法的訴訟を起こしたのがキッカケだった。

バンクシーは法的訴訟という逆境を逆手に、オンラインショップを開設。そして、驚きの低価格で、自身のオリジナルグッズ・作品を抽選販売している。

売り上げの多くを難民支援団体に寄付する自らの活動スタイルを貫き、自分が伝えたいメッセージを世界中に伝えながら、これまで作品には手が届かなかった多くのファンを喜ばす一大イベントに変えてしまうバンクシーの発想力と実行力はどう考えても素晴らしい。

アーティストとして次のチャプターに進もうとするバンクシー。その歴史的瞬間、瞬間をこれからもこのサイトで追って行きたい。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 comments