• Menu
  • Menu

バンクシー作品の最高落札額は? Banksy高額作品ランキング ベスト5

月刊雑誌「カーサ ブルータス (Casa BRUTUS)」が2020年3月号でバンクシーについて大々的に特集している。

日本のメジャーな雑誌が、ここまで大々的かつ詳細にバンクシーに付いて取り上げたのは初めてではないだろうか。

つい先週、四国の田舎のローソンに入った時にこの特集号が置かれていたので、ようやくバンクシーが日本でも市民権を得たと言っても過言ではないだろう。

今回の特集では「バンクシーの作品落札額ベスト5」という内容が取り上げられていた。

これはおそらく今年(2020年)の1月までに編集されたものだと思うが、既にこのベスト5が入れ替わってしまっているので、最新版(2020年3月時点)のベスト5をこの記事で紹介しよう。

*これからも頻繁に、このランキングは入れ替わるだろうから、また新しい作品がランク入りすれば、またこの記事をアップデートする。

1:Devolved Parliament 2019

  • 制作年: 2009年.
  • サイズ:276cm x 446cm (額装時).
  • 技法:オイル on キャンバス.
  • サイン:あり
  • Pest ControlのCOA付き.

この作品について、このブログで過去に何度も紹介してきたので、既にご存知の方も多いのではないだろうか。

2019年10月サザビーズのオークションで過去最高額約13億円(£9,879,500)で落札されたサルの議会こと「Devolved Parliament」が、今の所、ぶっちぎりの第1位!

サルの議会こと「Devolved Parliament」は、2009年ブリストル美術館で開催されたエキシビション「Banksy vs Bristol Museum」で初めて展示された作品だ。

*「Banksy vs Bristol Museum」で展示された作品と、オークションに出品された作品の細部が実は違うのだが、今回はそのことについては触れないでおこう。

なぜ、ここまで価格が上がったのか?

カーサの記事では、サルの議会「Devolved Parliament」が桁違いの約13億円で落札された理由を、

ブレクジット(英国のEU離脱)で議会がもめていた2019年3月末、ブリストル・ミュージアムが2009年のバンクシー展の10周年を記念して作品を展示した際、「凋落した英国議会の今を予言した作品」として各方面から取り上げられたから。

と書いているが、ずっとバンクシー作品の市場を観察している僕らにとって、実際は少し違うように見える。

もちろん、2009年に描いた過去最大サイズの作品が「10年後のブレクジットの混迷」を予言していたら、作品価値が上がるのは間違いない。

しかし、それだけで、これまで2億円に少し届かないくらいだった過去最高額が、いきなり10億円越えで桁違いの価値が付くほど、アートの世界は甘くない。

では、なぜ、この作品が桁違いの約13億円の過去最高額で落札されたのだろう。。。

2018年10月、英サザビーズのオークションで、バンクシーの代表作「Girl with Balloon」が落札直後、額縁に内蔵されたシュレッダーでビリビリに細断された事件は世界中に衝撃を与えた。

この事件は、それまでバンクシー作品に興味がなかったピカソやダリなど超高額作品を購入する現代アートコレクター達にとってかなりの衝撃だっただろう。

この事件以来、高額作品を収集する現代アートコレクター達がバンクシーのアート作品に本格的に目を付け始め、2018年10月以降は、高額作品を中心に集める現代アートコレクターや、組織としてバンクシー作品を集める企業の参入とともに、バンクシー作品に大量のマネーが流れ込んできている。

これが「Devolved Parliament」が10億円の大台を越えた1番の理由だと考えるのが妥当だろう。

2: Keep it Spotless 2008


  • 制作年: 2007年.
  • サイズ:214cm x 305cm (額装時).
  • 技法:スプレーペイント on キャンバス.
  • サイン:あり

ベスト2位にランクインしたのは、2007年2月14日のバレンタインデーのオークションに出品され、187万ドル=約1億9000万円で落札された「Keep it Spotless」。

「Keep it Spotless」は言わずも知れた英国を代表する現代アーティスト”ダミアン・ハースト”の代表作「Spot Painting」とのコラボ作品というか、オマージュ作品である。

約13億円で落札された過去最高落札額の「Devolved Parliament」が2019年に記録を破るまでは、11年間ずっとこの作品が落札額のベスト1位だった。

3: Vote to Love 2018

  • 制作年: 2018年.
  • サイズ:117cm x 116.5cm x 8.5cm
  • 技法:スプレーペイント on UKIP プラカード
  • サイン:あり

そして今回、「カーサ ブルータス」で3位だった作品を押さえ、堂々の3位に食い込んできたのが、こちらの作品「Vote to Love」だ。

こちらの「Vote to Love」は2016年6月23日のブレクジット(英国のEU離脱)を決める国民投票で、英国独立党(UKIP)を支持する時に使われたプラカードにスプレーペイントをした作品だ。

予想落札価格 約6000万〜9000万円(40,000ポンド〜60,000ポンド)が、なんと、約1億6500万円(1,115,000ポンド)で落札!

元々「Vote to Leave」(EU離脱に投票を)のアルファベット「ea→o」に変えて、「Vote to Love」(愛に投票を)に変えている。しかも、Oのハートのバルーンには絆創膏(ばんそうこう)が貼っていることで、作品の解釈が無限に拡がる。

この作品にはちょっとした逸話がある。

バンクシーは2018年、イギリス最古の美術学校「ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ」の サマーエキシビションの一般応募に「Bryan S Gaakman」という偽名を使って、参加。

結果は見事に落選。

しかし、その一ヶ月後、サマーエキシビションのコーディネーター「グレイソン・ペリー」から「何か作品を展示してくれないか?」と依頼があり、同じ作品を送ると、サマーエキシビションに展示されることが決まった。

この「Vote to Love」には権威=イギリス最古の美術学校「ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ」でも、「良い作品、悪い作品の区別なんか付かない」という権威への反抗を訴えているのか、バンクシーの既得権益に対するメッセージなのかも知れない。

4:Girl with Balloon(Love is in the Bin)2018

サイズ : 縦 101cm x 横 78cm x 奥行き18cm
制作年:2006年
技法:アクリル絵具、スプレーペイント
サイン : あり
エディション: 1/1 Original on Canvas

この作品の順位を発表するまでに、既に何度もこの作品について言及してしまったが、4位にランクインしたのは、英サザビーズのオークション落札直後に額縁に内蔵したシュレッダーが作品をズタズタに裁断した「Girl with Ballon」改め、「Love is in the Bin」。

落札金額は104万2000ポンド、日本円にして1億5463万8497円

詳しくは、2018年に書いたこちらの記事で見て頂きたい。えっ!まじで? BANKSY「GIRL WITH BALLOON」1億5千万円で落札直後、シュレッダーに??

5:Simple Intelligence Testing 2008

サイズ : 縦 91.5cm x 横 91.5cm(5枚とも)
制作年:2000年
技法:ステンシルスプレーペイント
サイン : あり
エディション: 1/1 Original on Canvas

そして、今回5位として、紹介するこちらの作品は、カーサ ブルータスのランキングには載っていない。

5位にランクインしたのは、2008年2月28日に開催された英サザビーズのオークションで落札の「Simple Intelligence Testing」で、落札額は1億3400万7420円

5枚1セットの作品で、金庫の中からバナナを探す知能テストをうけるおサルさんが、金庫を積み上げ、実験室から脱出するというストーリー仕立ての作品になっている。

バンクシー落札額ベスト5を決めるには「どの通貨を基準に順位を決めるか」でも、順位が変わってくるので、難しい。

この作品が落札された2008年当時の為替レートで計算すると、落札額は63万6500ポンド=125万9552ドル=1億3400万7420円。

ちなみに6位は?

サイズ : 縦 122cm x 横 122cm
制作年:2000年
技法:ステンシルスプレーペイント
サイン : あり
エディション: 1/1 Original on board

カーサ ブルータスで5位になっていた2020年3月時点でベスト6の作品は、2019年6月に英クリスティーズで落札された「Mona Lisa」。落札価格は73万1250ポンドで、日本円にして約1億円になる。

カーサ ブルータスを既に購読した方なら、あれ4位だった「Submerged Phone Booth」について書かないの?と思う方もいるかも知れない。

しかし、ポンドの価格だけで見ると「Mona Lisa」は73万1250ポンド、2014年10月に落札された「Submerged Phone Booth」の落札額が72万2500ポンドで、「Mona Lisa」の方がポンドでの価格が高かったので、今回の記事では「Mona Lisa」を紹介した。

日本での、バンクシー人気爆発の始まり?

こちらが直近3年間のバンクシーに関する主な事件やニュース….

・2018年10月、英サザビーズで約1.5億円の作品が落札直後にビリビリに裁断…

・2019年小池都知事のツイートで「バンクシー東京のネズミ」が日本中で話題に…

・2019年10月過去最大サイズの作品「Devolved Parliament」が過去最高額、約13億円で落札。

・2020年3月号のカーサ ブルータスでバンクシー の特集記事が大々的に組まれる。

・2020年3月15日から横浜アソビルで日本初大型バンクシー展「Genius or Vandal」が開催。

直近3年間の主な出来事だけを見ても、色んなニュースや事件、イベントが目白押しだ。

バンクシー作品コレクターの移ろい…

これまで「バンクシー作品を購入したい」という問い合わせは長年のアートコレクターが中心だった。

しかし、ここ1〜2年は色んな業種の方や、今まであまりアートに興味が無く最近アートを収集し始めた人まで、問い合わせをする人のバリエーションが一気に増えた、

2020年以降、やっと日本にも本格的にバンクシー人気が到来しそうなので、欲しいバンクシーの作品があれば、早めの購入がオススメだ。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です