ヤフオクで Banksy(バンクシー)の「偽作品」が本物として販売されています。まさか、あなたは引っかかってないですよね?(Pest Controlから回答あり)

それも、1種類や2種類ではありません。。
ヤフオクでは、Happy Chopper以外にもたくさんのタイトルが出品されていました。

メルカリでも見かけます。

ご存知でしたか?

Banksyのシルクスクリーン作品をよく知っている人なら、一目で偽作品だと見破れるものです。ですが、そうでない方にとっては、一瞬、本物だと信じてしまいそうになる、まぁ、なんとも巧妙な手口で販売されているんです。

 

この件にメスを入れたきっかけ

私たちが、ヤフオクでのこの騒動を知ったのは、数人の方から『これはバンクシーの本物ですか?』と質問をいただいたからです。

まずは質問にお答えするため調査していくうちに、すでに購入した人が何人もいる、ということがわかったことと、この出品者さん、おそらく、苦情が寄せられたんでしょうねぇ。

一度はアカウントが停止になった形跡があるのですが、また、新たに新規アカウントを作り直し、出品しているため、ここは一つ、ハッキリさせておいた方が後々のためにいいですね、と判断の上、この問題に取り組み始めたというわけです。

 

Pest Control からも回答あり

今回、この問題に関して、Pest Controlに連絡を取り、回答もいただきました。最後に掲載しています。

Pest Controlって何?という方はこちらをご一読ください。
→ Pest Controlについて

 

まずは、↓ が実際にヤフオクに出ていた『偽作品』です。

Banksyの作品をよく知っている人は、一目で形がおかしいことに気づかれると思います。

Happy Chopperの本物のエディション作品は 70cm × 50cmと、縦長の長方形です。しかも、技法はシルクスクリーンです。

このサイズの本物が存在する、というのはBanksyが再びHappy Chopperを世に出さない限りありえません。

Banksyのエディション作品に詳しい方ならまず、この段階で違和感を抱きます。

しかし、この写真には、額装された作品の脇に証明書らしきものが一緒に写っています。

これが一部の人に、勘違いを起こさせるのでしょう。

ですが、この証明書は、Pest Control (ペストコントロール) 発行のCOAではありません。

出品者さんは、「初期のリトグラフ作品が見つかった。ブリストルのギャラリーから譲り受けた。」と説明されているようですが、Banksyが認めた作品ではない、ということです。

最初から、リプロダクションと表示されていると良かったですが、今回は、質問くださった方が「本物ですか?」とご相談に来られたように、巧妙な文章、写真から、偽物を本物と勘違いさせるような紛らわしい言葉で表現されているのが問題だと思いました。

 

本物のCOAはこれです

エディションナンバー、番号、日付など削除しています。

パッと見、簡単に複製できそう…と思われるかも知れませんが意外と無理です。

 


丁寧に、エディションナンバーを掲載していますが、分母が本物と違います。

Happy Chopperの場合、正真正銘、本物のエディション作品の分母は『750』です。

 

速攻、Pest Control から回答が来た!!

本物であるかどうかの確認は、Banksy (バンクシー) の作品を管理する機関に聞くのが一番 ということで、Pest Control (ペストコントロール)に問い合わせてみたところ、この問題は捨て置けなかったのか、速攻返信が返ってきました。

↓ 実際のメールです。

These are fake.

No other company other than Pest Control has the authority to issue Certificates of Authenticity for Banksy works, that’s what you should look out for.

Kind regards

PCO Customer Services

 

日本語に訳すとこんな感じです。

『これらの作品は偽物です。Pest Control以外の機関でBanksy (バンクシー) の作品に対してCOAを発行する権限がある機関はありません。その点に気をつけて下さい。』

 

正真正銘本物のBanksy(バンクシー)を買いたい人には信頼できるこちらのサイトをお勧めします。

Banksy (バンクシー) エディション作品(COA付き)