• Menu
  • Menu

バンクシー 新型コロナと闘う英病院の看護師や医療従事者を称え、最新作を寄付!

2020年5月6日、英南部の街サウサンプトンにあるサウサンプトン総合病院で、Banksy(バンクシー)の最新作が登場!

英政府によると、英国では5月6日時点で、新型コロナウイルスの感染者が20万人、死者数も3万人を越えている。

英国のロックダウン(都市封鎖)開始から、2回目となるバンクシーの今作では、スーパーヒーロになったナースの人形で遊ぶ少年の姿が描かれている。

バンクシーの公式インスタグラムで公開された実際の投稿がこちら。

View this post on Instagram

. . Game Changer

A post shared by Banksy (@banksy) on

インスタの投稿のコメント欄には今作品のタイトル「Game Changer=ゲーム・チェンジャー」とだけ書かれている。

「新型コロナウイルスとの戦いを変えてくれるのは、看護師や医療従事者(=ゲーム・チェンジャー)のおかげだ」と、彼らにエールを送っているのだろうか。

ちなみに現在この作品は、サウサンプトン総合病院の医療現場に関わる人の士気を上げるため、緊急治療室近くの廊下に額装された状態で展示されているそうだ。

作品に込められたメッセージとは?

作品にはスーパーマンのようなナースの人形で遊ぶ少年が描かれている。

そして、床の上のゴミ箱にはアメコミを代表するキャラクターのバットマンとスパイダーマンの人形が捨てられている。

ナースの人形はマスクを装着し、赤十字のマークの入ったエプロンを着ている。マントを付け、手を前に伸ばしまるでスーパーマンのように空を飛んでいるように見える。

月並みな解釈かも知れないが、

大衆メディア(=バットマンやスーパーマンを見せる人達)は恐怖を煽るばかりで、新型コロナと真っ向から向き合い最前線で戦ってくれているのはNHS(国民保健サービス)の医療従事者だ!

子供にとって新しいヒーロは看護師や医療従事者だ!

と医療従事者に感謝のエールを送っているのかも知れない。

バンクシーが医療従事者に残したメモ

バンクシーはこの作品と一緒に、この病院で働く人たちのためにメモを残している。そのメモにはこう書いている。

 “Thanks for all you’re doing. I hope this brightens the place up a bit, even if it’s only black and white.”

日本語にすると、こんな感じだろうか。

皆さんがして下さるすべてのことに感謝します。白黒の作品ですが、「少しでもこの場所が明るくなればなあ」と願っています。

サウサンプトン総合病院の代表「ポーラ・ヘッド氏」はバンクシーの作品に対してこう語っている。

“当病院でも、コロナウイルスによって大切な医療スタッフを亡くす悲しい出来事がありましたが、この作品は病院で働くスタッフの士気を高めてくれるでしょう。

この作品は病院のみんなにとって大切なものになり、みんなが忙しい毎日の中で、少し立ち止まって考え、この作品に感謝する貴重な時間を得られると思います”

作品は今後どうなる?

バンクシーの代理人によると、この作品はイギリスのロックダウン(都市封鎖)が解除された後、一般公開される予定だ。

その後、オークションに出品され、オークションの収益はNHS(国民健康保険サービス)の事前団体に寄付される。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です