その時、バンクシーが動いた。英国EU離脱「ブレグジット」目前!Banksyが打って出た行動とは?

EU離脱が決定的となった今、Banksyのこれまでの行動からして、自身の主張をイギリス国民の視覚に訴えかけるべく、きっと何らかのアクションを起こしてくるだろう…と考えていたその矢先、5/7(日)ちょうど夜が明けた頃、イギリス南部の港町ドーバーのとあるビルにEUの欧州旗と思われる旗が姿を現した。

 

「あ、その星はやっぱり、イギリス?」

作業員によって、無残にも削り取られていく一つの星。それはイギリスを象徴したものと見るべきなのだろう。

2017年5月9日の日曜日、イギリスでは政府が一枚岩となってEUの離脱交渉に備えるべく、解散総選挙が行われる。今はそのための選挙運動が繰り広げられている最中だ。

 

ミューラルの向こうに見えるのはフェリーターミナル

2016年、EU離脱の是非を問う国民投票の際、ドーバーが取った立場は「脱EU」でした。

ドーバーはフランス北部の街カレーと行き来する港町。この壁画がボム(Bomb)された場所も、フランス、カレーから来るフェリーが停泊するフェリーターミナルの近くで、カレーからドーバーに来る人、ドーバーからカレーに向かう人が目にしやすい位置にある。

2015年にイギリス、北サマセットにあるウエストン・スーパー・メアー(Weston-super-Mare)で、ひと夏限定で開催されたBanksy(バンクシー) の頭の中を現実化したアートな遊園地 Dismaland(ディズマランド)では、クローズド後、不要になった廃材やスタッフ用のフーディーなんかをカレーの難民キャンプに寄付した、という経緯もある。

 


イギリスにあるフランス大使館前に、レ・ミゼラブルのコゼットが涙を流す様子をボムしたり、カレーの難民キャンプへの寄付、イスラエルとパレスチナを隔てる分離壁の前に『世界最悪の眺めのホテル』と題したホテル「The Walled Off Hotel」を2017年3月にオープンさせたり。

そして、今回のドーバーへのEU欧州旗。

ヴァンダリズムに身を投じたかつての若者は今も変わらない。

 

 

[PR] 今買える Banksy(バンクシー)のオフィシャルポスター